正しい音で演奏をするため

ピアノの練習

楽譜通りの音をピアノで出すためには、正しく調律されていることが前提条件となります。ちょっとした衝撃や、経年劣化等によって音が変化する楽器なので、定期的に正しい音がでるようにメンテナンスをしなければいけません。
ずっと使用していなかったピアノ等で上手く音がでない場合には、内部の故障という可能性もあります。故障したままで演奏を続けると取り返しの付かないダメージになってしまうこともあるため、異変に気がついたら練習の手を止め、状況を正確に把握する必要があります。

◆業者について
全国的に専門の業者がいるので、何か不具合があったときには連絡をすれば来てくれます。また無料点検を行ってくれるところもあります。業者を選ぶときに注意しなければいけないことは、まずは信頼できるかどうかと言うことです。このほかに経験が豊富な職人さんや調律師がいるところであるか、国内外に関係なく、たくさんのメーカーのピアノを扱っていて、そのピアノが将来どのように変化していくのかと言うことを熟知していると言うことが大切になります。

専門業者について

高級ピアノ

ピアノに関してさまざまな不具合を感じるようになったときには、専門の業者に修理を依頼するようにします。今の状態をずっと保って大切にしたいのであれば、このように専門の業者に見てもらって点検をする必要があります。とてもデリケートな楽器なので、記音や湿度などによっても変化します。したがって少しの不調でも早い段階で発見をすることが大切です。そのために日頃の定期点検をしっかりと行うようにします。そうすることで100年近く弾くことができるものもあるのです。

◆修理が必要だと判断したら専門の業者に相談を
もし、ピアノが故障しているのではないかと感じたのならば、二つの方法があります。新品に買い換えるか、修理をするか、予算に合わせてそのどちらかを選択すると良いでしょう。軽度の故障の場合は修理すると少ない費用で済むケースが多いためオススメです。
長く使用しているピアノには愛着がわくものです。もし、これからも使用するために修理が必要ならばすぐに専門の業者に依頼してみると良いでしょう。素早く故障の原因を見極め、スピーディに元の状態へと戻してくれます。

早期発見の大切さ

演奏

ピアノは小学校などにもあり、比較的に身近に感じることの出来る楽器です。また逆にメンテナンス次第によっては長く使うことができる楽器なので、歴史の深い楽器であるとも言えます。上手にメンテナンスを行えば、100年以上弾くことができると言われているピアノですが、そのためには、ちょっとしたピアノの変化を感じることが大切です。したがってピアノを持っている人は、年に1回の定期検査や調律を行うことが大切です。こうすることで早期に不具合を発見することができます。

◆修理のサインについて
ピアノは音が出る楽器なので、その音色によって不具合を感じ取ることができます。たとえば音量や音程や音質が変わってきたと言うことになれば要注意です。この他に鍵盤が下がらなかったり、下がっても戻ってこなかったりすると修理が必要です。弾いているときにピアノの中から雑音が聞こえてきたり、鍵盤が重くなったようなときにも修理が必要です。このようなときにはすぐに業者に連絡をするようにします。最近では全国に業者があるので、利用しやすくなっています。